MENU

膝の痛みの改善にはコラーゲンペプチドが有効

膝の痛みの原因の多くは軟骨成分の減少です。膝と足の骨をつないでいる軟骨の成分にはコラーゲンが多く含まれていて、主に加齢によって著しく減少します。コラーゲンは本来は体内に存在する成分で、内臓、骨、肌細胞など体の多くの部分に不可欠な成分です。細胞同士を結びつける役割を担っています。若く健康であれば体内にあるたんぱく質成分の約3割がコラーゲンです。しかし加齢とともに割合は減少し、特に中高年以上になると激減するため、膝の痛みに悩まされる人が増えます。病院で膝の痛みの治療を受けることは出来ますが、薬による改善は難しいため、痛みを軽減する治療が主体となっています。

 

膝の痛みの改善策として、軟骨成分を充実させるにはコラーゲンペプチドが有効です。デザートに利用されることの多いゼラチンはほとんどがコラーゲンの成分ですが、分子量が大きいので軟骨成分として利用するには吸収率が低いです。対してコラーゲンペプチドはコラーゲンから抽出した成分で、特殊な加工によって水に溶けやすい形状にしたサプリメントです。ゼラチンよりも分子量が非常に小さいため、体内への吸収率が高いのが特徴です。コラーゲンペプチドは体内に吸収されると、軟骨細胞の弾力が再生出来るので、膝の痛みの改善効果が期待出来ます。さらに骨の代謝も活発にする効果があるので、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

 

コラーゲンペプチドは年齢によって摂取量が異なります。高齢になるほど多くの量が必要で、50歳以上になると1日に10g程度の摂取が理想です。サプリメントには複数の形態があり、粉末タイプなら味噌汁や飲み物に入れて利用出来ますし、タブレットなら都合の良い時に利用出来ます。