MENU

膝の痛みを緩和できるインソール

靴の中に敷くインソール次第で膝の痛みを緩和する効果が得られます。一般的な靴の中敷きは靴底の形はしていても、足に合った形状にはなっていないので、凹凸がなく平らです。膝の痛みなど足や体の悩みを改善する目的でつくられたインソールなら、指の付け根、土踏まず、かかとをしっかりとホールドして支える機能を持っています。インソールを機能的なタイプに交換するだけでも、腰痛や膝痛の予防に効果がありますし、ウォーキングやランニング時に足に受ける衝撃を緩和することが出来ます。特に土踏まずのない偏平足の人は、他の人と比べると腰痛や膝痛になりやすいと言われていますが、特殊なインソールを使用することで、発症の抑制にも効果があります。

 

高齢者に多い変形性膝関節症があっても、インソールが合っていれば膝の関節にかかる負担を軽減して血行が促進されるので、痛みを感じにくくなります。マッチしていない靴の中敷きをしていると、かかとの外側が減りやすい、肩の位置が歪んでいる、猫背などの症状があります。膝痛などの痛みがなくても、体の不調の原因となるので見直しが必要です。

 

インソールは症状によって形状を選ぶのがポイントで、膝の痛みにはかかとから太ももまでが一直線になるタイプが良く、歩くことで太ももの前面にある大腿四頭筋が自然と鍛えられるタイプが良いでしょう。普段から大腿四頭筋が鍛えられていれば、膝にかかる衝撃や負担を抑制でき、膝痛が起こりにくくなります。膝に痛みがあると、歩くのが億劫になり、ますます運動不足になりがちです。機能性のあるインソールを靴の中敷きに利用すれば、膝の痛みが気にならなくなるので、歩くことが苦痛でなくなります。